2015年12月16日

神戸の風物詩終了

〜年末年始休業のお知らせ〜

12月27日㈯〜1月3日㈰まで休業とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。




今年もスタジオで募っていたルミナリエ募金。
無事に会場へ届けてきました手(パー)猫


IMG_20151211_213400.jpg


今年は開催期間、設営距離の短縮
さらには設営されたものが倒れたり、週末の交通機関の乱れなど
変化やハプニングを越えての無事終了といった所でしょうか。


21回やって、そろそろ潮時だなどと
色々な声もあろうかと思いますが
私は21回続けてきたからこそ
開催趣旨を見直しつつ
続けたほうがよいと思うのです。


日々を生きる中で、
覚えていなくてもよいが、忘れてはいけないこと
というものがあると思うのです。


今、生きているということに感謝する。
人とのつながりを大事にして
日々を大切に、ていねいに生活する。


そういう思いに、ひと時でも立ち戻れるような
イベントとして続いてほしいと思います。


IMG_20151211_213716.jpg


今年は青と緑の電球と、天井にも施された電飾が特徴的です。
大聖堂のようです。


ルミナリエが終われば、クリスマス、年末年始にむかい
あっという間に時間が進みます。
気ぜわしい時期ですが、日々自分を忘れず過ごしたいものです。

chono

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月05日

冬のリース

〜臨時休業のお知らせ〜

12月7日㈪は臨時休業とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。



今年もエッソンスドゥ・フルールさんより
冬のリースが届きました。

IMG_0448.jpg


IMG_0451.jpg


スタジオは、ジュニパーやモミ、ユーカリなどでできた
ナチュラルリースから醸し出される自然の香りで
満たされています。


IMG_0447.jpg


今年もクリスマスだけではなく、通年飾ることの
できるタイプも多く入荷しています。


IMG_0449.jpg


販売を兼ねて展示していただいていますが
毎年楽しみにしてくださる生徒様も多くおられます。
ご覧になるだけでも大歓迎です。
お気に入りが見つかりましたら
早めにスタッフにお声をかけてくださいね。


chono

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月21日

神戸の冬の風物詩

〜臨時休業のお知らせ〜

下記日程、時間帯は臨時休業とさせていただきます。
11月23日(月)終日
       24日(火)14時以降
       25日(水)14時以降
よろしくお願いいたします。




イタリアからはるばる。。。
毎年神戸にやってくるこの柱。。。


IMG_20151121_101454.jpg


今年もこの季節がやってきます。
神戸の冬の風物詩、「神戸ルミナリエ」です。


12月4日(金)の初日に向けて
準備が進められています。


IMG_20151121_101627.jpg

造形がとても美しい、真っ白な骨組み。

点灯され、光の下を歩くと
毎年とても厳かな気持ちになります。

昼間に見る姿は、真っ青な空が、キャンバスになり、
また違ったテイストで細かなデザインをみせてくれるのです。


阪神大震災の鎮魂の思いがこもったルミナリエ。
今年で21回目です。


「毎日を丁寧にきちんと生きていく」
日々は淡々と、過ぎてゆくものですが
そんな中で、自分を整え、尊重し
生きることをちゃんと味わい、過ごす。


毎年この時期になると、あらためて思うことです。

chono

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月11日

心を込める

今年も運営スタッフで参加してきました健美操フェスタ揺れるハート

柳支部長とよく似ているといわれる私、chono猫

IMG_20151031_154540.jpg


健美操は経絡を元に、呼吸と動きを融合させた健康体操です。
フェスタは愛好者の方々が一堂に会する
いわば年一度の健美操のお祭りです。るんるん


毎年のフェスタで、ここ数年は司会の仕事をしています。
昔、本気で声優、ナレーターになりたかった私・・
年一度、声の出番で何かに携わることのできるのは
本当に刺激的なのです。


毎年音響担当している黒澤さんと大城さん、私のレギュラートリオ。

IMG_20151031_154459.jpg


三人そろって仕事をするのは年一回のフェスタの時ですが
進行の声と音出しのタイミングも、すっかり「あ、うん」の呼吸・・
というか、「あ、うん」もいらなくなってきました(笑)


今年の私のテーマは「心を込めた進行」
読み手の私の心ではなく、
言葉の奥に存在する「心」を「込める」進行です。


言葉はひとつのエネルギーです。
他の健美操指導員が作成したコメントなども
読みあげるわけなのですが、書かれてある文面からは
書き手の心、考えがにじみ出し、伝わってきます。


言葉の持つ意味、また、その奥にたたずんでいる心を
聞き手に届けてゆく純粋な通路となろうと思いました。


先入観、固定観念というものを取っ払って
自分自身が真っ白な通路となって
コメントに応じた、あるいはその場に最適な
言葉を紡ぐのです。


イベントには。。。
状況の変化、ハプニングや予定の変更などは付き物。
それらと自分を軽やかにフィットさせながらも
真っ白でいる・・・
とてもむつかしいことですが
取り組む醍醐味を味わった一日でした。


年一回、同じ仕事に携わると
自分自身の変化や成長を感じるものです。
日々、私と共にあるピラティスとエソテリックヒーリングの哲学が、
変化と成長の源泉であることは、いうまでもありません。

chono

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama

posted by sorama at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月18日

思いやりのカタチ

〜臨時休業のお知らせ〜

9月21日(月)〜23日(水)まで
臨時休業とさせていただきます。



責任とはなんだろうか?、とふと考える機会がありました。

不祥事が発覚した際に「責任をとって辞職します」
というよくあるシーン。

猫「辞めたからといってそれが責任をとることになるのか??」
といつも思ってしまう私、chono。

ここでの責任の本質は、事態を収める所にあるはずです。
収めるところに収めてから、後に残る人々がより円滑に、
何事も行えるように整えてこそ全うされることです。


そもそも責任とは・・・
重くのしかかってくるものでもなければ
背負うものでもないように思うのです。

責任という言葉の向こう側には、必ず「人」の存在があります。


家族を守る「責任」とは

愛するもの、大切な人が
自分ともども安心して
過ごすことができるように。


会社の経営を任せられる「責任」ならば

形あるもの、そうでないものを
人さまに供給し、お金を動かし
それを生み出す社員達が働きやすい場所を提供する。

世の中には様々な責任というものが存在します。
そのすべてにおいて「質」というものはあれど、
大きい、小さいはありません。

誰かが動きやすいように・・
誰かが喜んでくれるように・・
誰かが安心するために・・


いわば、思いやりという、実体のないふうわりとしたものが
実際の行動として、目に見える、リアルな形として
表現されたようなもの。
私はそれが責任というものだと思います。


chono

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月23日

創造のエネルギー

お盆のお休み中、以前から行ってみたかった
横尾忠則現代美術館を訪れました。


KIMG0336.JPG


芸術的な表現は絵画、音楽、舞台などなど
形や手法に関わらず、エネルギー的に見ると
仙骨と喉のエネルギーセンターに関わる
とても洗練された、創造のエネルギーが
物質的に表現されたものです。


いわば作家のエネルギーが、私たちの五感で
触れられる形で表されている
というとわかりやすいでしょうか・・・


作品を見る、聞く、触るなどなど
その作品が放っているものに
私たちの存在が「触れる」ことは
創造的なエネルギーのシャワーを
浴びることそのものです。


展示のテーマは「続・Y字路」


Y字路は、私たちの町中、それも生活道路に
ひっそりとたたずむよくある風景です。
横尾忠則氏が、あるY字路から
とてつもなく強烈な印象を受けたのです。
それが全ての作品から感じられます。


どこか懐かしい原風景的なもの
遊び心にあふれたもの
人智を越えた視点でみたもの
全ての人に潜む、暗い一面を垣間見るもの
絶望、希望、平和、静寂、喜び、悲しみ、安らぎ・・・


ひとつのテーマから、よくこれだけの
感情を表現できるものだと思います。
創造というものは、無限なのです。

ちなみにY字路とはこのような風景。


KIMG0341.JPG


作品の中に、見覚えのある中華料理屋さんがあるY字路が・・


と思っていたら私のホームタウン、長田区の一風景でした。


chono



☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月19日

アクアセラピーシンポジウム

お盆期間の日曜日、神奈川で開催された
アクアセラピー・シンポジウムに
講師として参加させていただきました。

KIMG0345.JPG


KIMG0347.JPG

シンポジウムの主催である
アクアダイナミクス研究所代表、
日本の水中運動の第一人者である今野純先生と。


本当に温かな、お人柄で、パワフル。
太陽みたいな方です。


このシンポジウムは
水中の機能改善プログラムを行う指導者の皆さんが
一同に会す二年に一度のワークショップです。
その中で私は、陸上での実技の講座を担当させていただきました。



参加者同様、アクアセラピーに関わる指導者の方々が
ボランティアスタッフとして参加し、
3日間のシンポジウム全体の進行を支えています。
60分の講座でしたが、時間がおしてしまうことなく
きっちり終了できたのも、温かく、気配りの行き届いた
スタッフの皆さんのおかげ。
カメラをむけると・・・(笑)


KIMG0343.JPG


どこまでもサービス精神旺盛です!


今回はピラティスの動きを大腰筋から考え
そこからより機能的な動きを感じ、実践する・・
といった内容を提供させていただきました。


ピラティスメソッドを元に動くことが初めての
方が大多数でしたが
よりスムーズな動きの方向性を見つけて
それを自分の感覚にしてゆくことが本当に早い。
さすが指導者の方々です。


身体の専門家たちの前でお話をさせていただく中で
講座の主旨をどう伝え、結論にむけて
どのようにもってゆくのか?
どこで何の話を差し挟むのか?
本当に勉強になりました。
温かい参加者の皆さんに感謝、感謝です。


chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月10日

合宿研修にて

〜夏季休業のお知らせ〜
8月13日(木)〜16日(日)まで夏季休業と
させていただきます。ご不便をおかけしますが
よろしくお願いいたします。




先週、エソテリック・ヒーリングの合宿研修で
琵琶湖に滞在していました。


KIMG0342.JPG


2012年から始めたエネルギー・ヒーリングの勉強が
今回で一区切り。1年間ワークショップで学んだうえで、
4つのコースを2年かけて参加しました。


とはいえ、エソテリック・ヒーラーとして知るべき
基礎の基礎のコースが終わったというだけのこと。



パート4である今回のテキストの量と内容は
今までの3倍近い、濃い〜〜いものです。
生命そのものであるエネルギーを扱う、ヒーラーとしての
勉強は、ピラティス同様に一生かけて学んでゆくべき
奥深い哲学です。


今回のコースでは、特にエネルギーの流れが繊細で
神経組織も複雑に絡み合う、クラウン、アジナ、アルターメジャー
などの頭部のエネルギーセンターを中心に。


KIMG0333.JPG


コースでは三叉神経、迷走神経などの神経経路、
甲状腺や胸腺などの内分泌腺について多くを学びます。


ヒーリングには似つかわしくないような勉強でしょうか?


でも・・神経経路は、エネルギーの流れが、物質的に
あらわれたものなのです。

そして、肉体に活力を与えているエネルギーの流れは
各センター(チャクラともいわれます)から、
変電所としての役目を果たす内分泌腺を通って
最適な状態へと変換され、全身に分配されているのです。

肉体もエネルギーも全部一緒です。

見えているものも、そうでないものも
その方の魂の表現以外の、何物でもないのです。


そして。。。
もう一つ言えることは、
よりよき身体の動きであろうと
エネルギーバランスが整い、癒しがもたらされることであろうと
すべてはその方の、内側から起こることであって
外からもたらされるものではないのです。

だから、トレーナー、ヒーラーの仕事は。。
何が起こっているのかを洞察し、観察し
気づきや癒しを起こそうとする相手を信頼し、
必要であれば、いつでも手を差し伸べられるように
静かに寄り添うことだけです。


chono



☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama


posted by sorama at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月07日

梅雨の味覚?

今日は七夕。

星に願いをかける日ですが、
七夕は、日本の大方の地域において
梅雨時期ど真ん中にあたります。
すっきり晴れた夜空に、天の川を臨むことは
毎年難しいものです。

お天気がぐずつく梅雨の季節ならでは!のお味(笑)
今年も私、chonoが作る赤シソジュースを
セッション後の生徒さまに召し上がっていただいています。


昨年は時期を逃して作れませんでしたが、
一昨年も飲んでいただいたことを、皆さん覚えてくださっていて
「また、この季節がきたね」とお声をくださり
嬉しいことです。


KIMG0334.JPG


梅雨時期に入るとスーパーや八百屋さんで売り出される赤シソを煮て、
砂糖とクエン酸を加えて作る、とてもシンプルなものです。


私は、甘みがマイルドでミネラルをたっぷりと含む
奄美大島のさとうきび100%でつくられた、
素焚糖(すだきとう)というお砂糖を使います。


赤シソの赤はポリフェノールの一種「アントシアニン」です。
疲れ目、疲労回復、夏バテ予防、活性酸素の除去の効能があります。
さらには血液サラサラ、冷え予防に効果があるαリノリン酸や
消化促進効果のあるペリルアルデヒドを含む。。などなど
薬効成分を高く含んでいるそうです。


こうして効能を並べてみると
いずれも湿度の高い時期に起こりやすい身体の不調です。
季節のものを身体にとりいれることは、その時期に必要な
エネルギーをとりいれる、昔からの知恵なのですね。


甘酸っぱ〜いお味が、
からだを動かした後に、皆さん染みいるようで。。
「おいし〜〜い」
と言っていただけると、がぜん職人魂に火が付き(笑)
せっせと自宅で手作りしています。


もうあと、1、2回作ると梅雨も終わりを迎えるでしょう。
本格的な夏にむけて、心身ともに健やかでありたいものです。


chono

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月30日

夏越の大祓

6月30日は、夏越の大祓(なごしのおおはらえ)


日々の生活の中で、知らずしらずのうちに身についた
罪やケガレを祓い清めて、
明るく楽しく、大晦日まで
健康に過ごせるように祈る神道行事です。


人の形をした紙を撫で、
息を吹きかけ神事が行われている所もありますが
茅の輪(ちのわ)を3度くぐって神前にお参りするのは、
よく知られているかもしれません。


梅雨時期の6月は湿度も高くなり、
心身の不調につながりやすいものです。


古来、6月は天然痘などの伝染病が蔓延する事が多かったため
茅の輪をくぐることで禊(みそぎ)をして
邪悪な穢れ(けがれ)を祓い(はらい)、災難を予防しようと
考えられたようです。


こちらは私達、神戸っ子には楠公さんと親しまれている
湊川神社の茅の輪です。
私、chonoも三回くぐってお参りさせていただきました。


KIMG0333.JPG


明日から7月です。
夏本番を元気に過ごしてゆけますように。。。


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記