2015年04月12日

哲学を学ぶ

ひょんなことから・・・
アリス・ベイリー著作を元の考え方とした
エソテリック・ヒーリングを学び始めてはや、三年が経ちます。


ヒーリングとは、肉体の元となるエネルギーフィールドに
働きかけてゆくことです。
それによって、肉体と精神のコンディショニングを整え
その方の成長と癒しを助けてゆくものです。


技術以上に多くを学ばなければいけないものは
ヒーラーとしての自分自身の在り方と、
エソテリック・ヒーリングに必要な哲学「エソテリズム」です。


KIMG0306.JPG


肉体の元となるもの、誰もがもつ精神の深遠なフィールドにアクセスして
きちんとした仕事をするためには、必要な考え方と在り方を学ぶこと、
そしてそれらを理解し、身に着け、自分自身がその哲学となる事が
必要です。


これはピラティスも同じです。
なぜならば、ピラティスも運動哲学だからです。

「ピラティスをするのではなく、ピラティスになりなさい」
ピラティス・メンターであるキャシー・コリーの言葉が
思い出されます。


単に技術を身に着けるのではなく
その技術を発揮するための考え方を学ぶことで、
その技術は幾重にも広がり、確固たるものとなる。


ピラティスもエソテリック・ヒーリングも
私にとって等しく、かけがえのない、ライフワークとなるものです。

chono

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月24日

ハートが唄うこと

臨時休業のお知らせ

2月23日(月)〜26日(木)は臨時休業とさせていただきます。

メールや留守番電話等の返信は27日(金)以降となります。
ご不便をおかけしますがどうぞよろしくお願い致します。



先日の京都でのエソテリックヒーリングの合宿研修でのこと。

今回担当されたエレカ先生は、
自分が情熱を注いでいる事は何かと
参加者に問いかけられました。

全員、身体に関る仕事をしていますので
「仕事のことについて情熱を注ぎ、探究している」
ということをほとんど全員が答えたところ
エレカ先生はおっしゃいました。

「ハートが唄うようなことをしなさい」

仕事は自分自身の表現において
この世界に行っている奉仕です。

その奉仕に対して力を発揮するために
自分自身のハートが喜びの歌を奏でるようなことを
しなさい。

趣味や運動、楽器を弾くことかもしれないし
単に身体を休めることかもしれないけれど
自分のハートが喜ぶことをすることが
自分に愛を与えることだから。


どんなことが自分のハートを喜ばせるのか?
何をすることが自分をくつろがせるのか?


それらを私達は、時に見失ってゆきます。


時折、心を立ち止まらせて、自分に問うことが
必要なのかもしれません。


自分に必要なことを自分に与えているのか?
それによってハートが喜びの歌を奏で
自分の奉仕の情熱の火につながっているか?


あなたはどうでしょうか?


chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月21日

からだもエネルギーも

臨時休業のお知らせ

2月23日(月)〜26日(木)は臨時休業とさせていただきます。

メールや留守番電話等の返信は27日(金)以降となります。
ご不便をおかけしますがどうぞよろしくお願い致します。


2月初めに京都へ3泊4日の合宿研修に出かけていました。
三年前から取り組むエソテリックヒーリングの研修です。


ピラティスもそうですが
ヒーリング、エネルギーにかかわることも
その哲学を学ぶことです。


KIMG0311.JPG


そしてその哲学を深く理解して伝えるために
表現する力と、感受性を養う事が大切です。


今回はエネルギー的な感受性を高める瞑想、内省の
トレーニングをみっちり行った濃い三日間。


ピラティスは肉体としての感受性を高めます。
ヒーリングに関る事はエネルギーの身体としての
感受性を高める必要があります。

身体もエネルギーも本当に同じなのです。


そして
トレーナーもヒーラーも
与え、もたらす存在なのではなく、
本当に寄り添う存在なのです。


なぜならば
気づきも、癒しも、治癒も
その人自身の内側にその力が備わっているものだからです。


chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月01日

2月

臨時休業のお知らせ

2月6日(金)は臨時休業とさせていただきます。

メールや留守番電話等の返信は翌日以降となります。
ご不便をおかけしますがどうぞよろしくお願い致します。


一年が始まって、まだ一か月ですが
「もう」一か月。お正月がはるか昔のことのように思います。

一番寒いと言われている2月ですが
軒先のすいせんが咲いていたり、冬の間葉っぱだけを青々させていた
自宅のハイビスカスがつぼみを膨らませていたりするのを見ると
確実に春が近づいているのがわかります。

3日は節分、4日は立春
冬と春が微妙に手と手を取り合っていた冬の土用が節分で一区切り。

4日から19日の春節(旧暦ではこの日が元旦)までの期間を
立春ととらえる場合もあるようですが
いずれの考え方も、立春を迎えて、
「春」という季節に突入ということになります。。

節分とは読んで字のごとく「季節を分けること」という意味。
ですから2月が一般的ですが
暦の上での季節の初日(立春、立夏、立秋、立冬)
の前日は全て「節分」です。

節分は邪気払いの日。
季節の変わり目は「邪気」が出やすいとのこと。
柊鰯(ひいらぎいわし)を門口につるす風習を見てもわかります。
ひいらぎの葉が鬼の目を刺し、イワシを焼くにおいが鬼を寄せ付けない
そうです。

この時期スーパーでイワシの生姜煮を売られているのをみますが
そのようなことからはじまっているのでしょうか。。。

邪気払いという言葉はオドロオドロシイかもしれませんが
春を迎えても一番寒い2月を
気を引き締めて元気に乗り切ろう!
と自らに言い聞かせるようなもののようにも思いますね。

chono

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月18日

年月

「年月」とはどういうものなのでしょう。

ふと立ち止まり、そっと振り返ってみた時に実感する、
歩んできた道のりの長さなのだろうと思います。


おそらくは。。
日々の生活の中で、常に意識されるものではないのです。
だからこそ、振り返って目の当たりにした道のりの長さに
時折、驚いてしまうこともあろうかと思うのです。


そこには積んできたもの、重ねてきたものがあります。
その中で。。
手にしてきたこと、あるいは手放してきたものが存在します。


それを人は「経験」といいます。


経験とは
「経」に筋道 の意味
「験」に仏道の修行を積んだしるしの意味を持ちます。


日々、体感し、体験すること全てが「経験」として
心身にとっての血となり、肉となって自分を構成してゆくのです。


だからこそ。。
毎日の生活を元気に、きちんとすごさなければ


私達、神戸に住むものたちが
怖い思いをしたあの日から20年たった昨日、
そんなことを思いました。


KIMG0305.JPG

chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月05日

今年も宜しくお願い致します

皆様、あけましておめでとうございます猫揺れるハート

スタジオは本日より、2015年の営業をスタートいたしました。


自分の身体だけに集中する時間は
身体だけではなく、心もリフレッシュし
全てにおいて、浄化をもたらします。

日々の生活を元気に、軽やかに、
生き生きと取り組んでもらえるように
今年も皆さんのサポートをさせていただけたらと
思っています。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月25日

年末年始休業のお知らせ

12月26日(金)〜1月4日(日)まで
年末年始休業とさせていただきます。
1月5日(月)より通常営業となります。
よろしくお願い致します。


年末は大寒波が訪れるとの事。
仕事納めが明日の方も、来週半ばまで頑張る方も
皆さん暖かくしてお過ごしください猫


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月24日

触れることを通じて

先週土曜日に、エネルギーワークの研修でご一緒だった
ロルファーの平田継夫さんにお越しいただいて
手技を中心とした研修を開催しました。

暖かで懐深い継夫さんのお人柄で
朝から夕方までの時間があっという間に過ぎました。

KIMG0301.JPG


今回のテーマは股関節、肩関節の触診を元に、
ターゲットにしている場所の筋を緩め、
クライアントにストレスなく関節内のスペースを作り出す
というものです。


触れるという動作を通じて、身体の様々な部分のゆがみ、ねじれ
更には流れが滞っている場所を知る事ができます。
そして身体は触れるという動作を通じて内側で
より良き形へと流動的な変化を起こします。


そんな身体の内側からの変化は
とても微細で繊細で且つ、本当にダイナミックなものです。

このように身体に触れ、感じることで、私達が気づく事は
身体が本来持つダイナミックさ、
智慧、奥深さ、ということに留まりません。
触れている側の在り方が大切なのです。


問題のある場所なと思う場所に意識をおきすぎると
変化を止めることになります。
だからといって沢山の箇所に意識が散漫になりすぎると
さらなる変化のために必要なことを見過ごしてしまうことにもなります。


大切な事は。。。


変化が必要な場所に心をとめながらも、変化を追い求めず
必要ならばいつでも手を差し伸べられるような在り方。
身体が自ら変わろうとする力に、心を寄り添わせながらも、
一歩引いた眼(意識)で変化を見届けてゆくことなのです。


これは触診ということを越え
私達ピラティストレーナーに必要な在り方そのものです。


触れる動作、手の感受性を高めることを通じて
人と人との間合い、関係性、距離感と
自分の在りようというものに気づきと発見を深めた
大いなるひとときでした。

chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月18日

消灯式

先日ルミナリエ消灯式へ行ってきました。
今年は震災から20年ということでLEDではなく
初期のころの色合いを求め白熱球が使われたとの事。

KIMG0294.JPG

KIMG0291.JPG

例年より少しオレンジ色っぽい感じがします。
(写真ではブルーが強いですが・・・)

消灯式には去年よりも大勢の人が集まっていました。

KIMG0297.JPG

流れてくるナレーションを聞いていると震災当時に思いが・・・
今、クリスマスイルミネーションやルミナリエで輝く神戸の街並みを見れている事の有難さを感じました。

スタジオでは募金を募らせていただいておりました。
今年もありがとうございました!!!!!!!
皆様の御厚意、大切に持参させていただきました。

KIMG0292.JPG

kana

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama




posted by sorama at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月09日

今年も★

先週からルミナリエが始まり、元町界隈はすっかりクリスマスモードですぴかぴか(新しい)
そんな中、今年も・・・
Essence de fleursさんよりクリスマスリースが届きましたクリスマス

IMG_1589.jpg

天然のモミやユーカリがたっぷりのリースやスワッグ、今年もとっても素敵です。

スタジオ内は自然な良い香りに包まれていますグッド(上向き矢印)

IMG_1588.jpg

IMG_1586.jpg

25日までスタジオ内にて展示販売しております。
お近くにお越しの方もぜひお立ち寄りください。

kana

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama

posted by sorama at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月23日

神戸マラソン

秋晴れの空がどこまでも高く映える今日は・・・

KIMG0270.JPG


神戸マラソン当日です猫


南京街の獅子も、ランナーお出迎え準備完了。


KIMG0269.JPG


コンビニ入り口には、この日ならではの?注意書きが。。。(笑)


KIMG0271.JPG


スタジオの面する栄町通りはマラソンコース。
スタートして一qの地点にあたります。
絶好のポイントでの応援は毎年の楽しみなのです。
スタートして3分前後で、先頭ランナーがやってきます。
早いランナー達のひきしまった脚にみとれてしまいます。


KIMG0278.JPG


まだまだ元気なランナー達が、応援に手を振ってくれ
笑顔を返してくれます。
参加者に配られる手袋をくれるランナーがいたり
アナ雪やふなっしーの仮装ランナーに声援をおくったり、
感心したりしていると、10月の富士山でのワークショップで一緒だった
きょうこさんとそのお友達が!


KIMG0284.JPG


びっくりする私の傍らで、お二人とも本当によい笑顔です♪
秋晴れの下、最後まで元気に楽しく気持ちよく、
走り切る事ができますように!


chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月16日

HPリニューアル HPリニューアルしました

この度、HPリニューアルいたしました手(パー)猫


リニューアルに伴って、ピラティスや身体のことなど
素朴な疑問などをトピックスにあげるピラティスコラムを設けました。

sorama Voice同様、チェックしてみてくださいね!


chono
☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月14日

声を通じて

先週土曜日、毎年恒例「健美操フェスタ」の運営スタッフとして
一日仕事をしてきました猫

健美操は全身の経絡を、様々な動きによって活性化して
呼吸、精神、身体の3つの調和で、全身の血液の流れを良くし
自然治癒力を高めてゆく体操です。


健美操の指導に携わり、もう10年以上になり、現在も続けていますが
フェスタのお手伝いとして、ここ数年は
司会進行として仕事をさせていただいています。
音響スタッフの黒澤さんと大城さんと
私を含めたこの三人が音響ブースに陣取ります。。

KIMG0263.JPG


言葉を交わさずとも、お互いにプログラムの進行の間合いを図りつつ
心を合わせて仕事ができる心強いお二人です。


指導員デモンストレーション用の衣装の関西支部長と。
進行上、ハプニング、予定変更は必須ですが
即座の判断を仰げる頼れる方です。


KIMG0262.JPG


毎年関る運営スタッフの業務は、年単位での自分の変化というものに
向かい合うチャンスです。

私達は日々変化を重ね、生きています。
「フェスタの司会」という一年に一回しかしない事だからこそ、
さらには「声」という、今の自分をそのまま語るものだからこそ
一年間、重ねてきた変化というものを目の当たりにするのです。

なんだか、去年よりも。。。
気負わず、自然体で、その時々の物事に対してオープンであり、
流れに沿うこと。
自分から聞こえた声を通じて、
ほんの少し、そんな風になれてきた。。。ようにも思います。

丸一日、集中力の必要な一日ですが
いつもとは違う形で自分とむかいあえたことは
何よりのプレゼントでした。


chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月23日

精進湖にて

先週、山梨県は精進湖(しょうじこ)のほとりにあるホテルで、
エネルギーワークの合宿研修に参加していた私、chono猫

ホテルの部屋から、富士山が揺れるハート

P1000466.JPG 


まさに、霊峰。本当に美しいお姿をしています。
その時々の空、空気の状態を映して、
刻々と変化する様は、ずっとみていても飽きません。


P1000467.JPG


エネルギーの面から身体を探究することを始めて
3年目に入りました。
何度かブログに出てきているジュディー先生と、
今回のアシスタント、アン先生はおっしゃいます。

P1000473.JPG


「『内省』『瞑想』『奉仕』これら3つに、日々取り組みなさい」


どんなことでも。。。何かを学ぶことで
自分が何を考え、感じるのかということに向かいあえます。
むかいあった自分を通じて、より洗練され、成長してゆけるのだと思うのです。


ピラティスもエネルギーワークも
取り組んだ内容は、壮大で、まだまだ道の途中で
きっと生きている間学び続けなければならないものです。


『内省』『瞑想』『奉仕』この3つの言葉は、
私にとって迷った時の道しるべとなり
長い道のりを照らす光となってくれることだろうと思います。


chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月10日

○○の秋

10月に入り、毎週のように台風がやってきています。
秋らしい涼しさから一転、昼間の暑さが戻り、体調を崩している方も
沢山おられます。いかがおすごしですか?


「○○の秋」
このように表現するのはやはり秋がダントツのように思います。
食欲を筆頭に、スポーツの秋、読書の秋、音楽の秋?
文化行事やイベントが多いのもこの季節特有ですね。


活字大好き人間で、読書は季節問わず年中行事の私、chono。
でも読書の秋にかこつけて、お気に入りの本屋さんでかため買い(笑)


KIMG0254.JPG


アマゾンや生物、精神世界から身体のこと、飛行機の図鑑、
検視官シリーズやリンカーン・ライムが登場する海外文庫が並ぶ
私の自宅書棚を見てある人は「chono不思議文庫」と名付けました。
本人にとってはいたって不思議が不思議でないのですが(笑)
この名前はとても気に入っています。


タイトルだけ見ますと、乱読かもしれません。
けれども我ながら、種々選択の一貫性を感じます(笑)


たまにsoramaフロントスペースの本を覗いてみてください。
ピラティスや身体についての本にまじって
「chono不思議文庫」から入れ替わり立ち代わり、
出張してきていますので、興味のある方はチェックをしてみてください!
ちなみに貸出OK、大歓迎。
「借りてもよいですか?」のお言葉に毎回喜ぶ文庫主です。


chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月25日

背骨に空気が入る??

「背骨に空気が入ったみたいです」
セッションを終了されて、
このような感想を述べられる方が多くおられます。


「背骨」は24個の骨のつながりです。仙骨との連結もあわせて
24個の関節で形成されているともいえます。


ピラティスの動作によって、背骨を様々な角度からを動かすことで
それぞれの関節に可動のための空間(スペース)ができるのです。


肩甲骨と、動きにくくなりがちな胸椎を動かすと、
背中が本当に軽くなります。
「空気が入る」とは本当にこのことだと私も実感します。


関節の空間(スペース)とは、骨と骨とがうまく可動し、
他の動きと連動するためのゆとりであり、
間合いとも呼べるかもしれません。


「間合い」「空間」・・・
必要であるのは、身体のみならずという所ではないでしょうか??


たとえば。。。
上手に話しを引き出す、また会話が楽しい人は、相手との距離感
言葉と言葉の間、相手と自分との話の間に、
絶妙な間合いをもつものです。


この「間合い」とは時に一瞬であるかもしれません。


けれどもそれがお互いの心に、考え、感じるための
大いなる空間(スペース)を作り出すこともあろうかと思います。


「空間」とは単なる空虚なものではなく、
「間合い」は意味ある静寂なのです。


どのような事にも、「間合い」「空間」を感じられるような
心にも、身体にもゆとりを持ち続けたいものです。

chono

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月31日

夏季休業のお知らせ

8月13日(水)〜16日(土)まで夏季休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い致します。
*休業期間中、メールでのお問い合わせのみ承っております。
 多少、返信にお時間頂きますが、ご了承ください。


先日は夏の土用でした。
土用とは陰陽五行に由来する暦のうちの一つで、
立夏・立秋・立冬・立春の直前約18日間ずつある期間の事をさします。


いわば季節と季節が手と手を取り合い、
次第に相手にバトンを渡してゆくような期間。。と言えるかもしれません。


夏の土用はさしずめ、夏と秋が「やぁ、今年もご苦労さん」
「元気やった?」と顔を合わせて握手した所なのでしょう。
「秋」と言われましても・・・この暑さで実感も想像も湧きません(笑)
とはいえ、日本は土用を過ぎた残暑の方が厳しいので
これからが夏本番なのです。


その夏本番!に差し掛かるこの時期に毎年行われるのが
スタジオほど近くの元町商店街(モトショー)で開催される
「元町夜市」です。

普段のモトショーは「遅く開店し、早く閉店する」
という営業時間のお店が多いなんともゆる〜いい商店街ですが。。。

KIMG0249.JPG

見よ!夜の20時を過ぎてでも、こんなに人が!(笑)
夜遅くに(元町タイムでは遅いのです)
普段の土日の何十倍もの人でごった返すのは、一年に一度です(笑)

人いきれで熱気ムンムンですが、ビール片手に夜店をそぞろ歩くと
一抹の涼を感じられますね

年々増す、暑さの出力です。色んな手法で暑気払いを実施して(笑)
元気に過ごしたいものです。


chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月21日

プロフェッショナル

このお二人は、縁あって出会うこととなった
NHK大阪放送局の方々です。
左はディレクターさん、右はカメラマンさんです。


KIMG0241.JPG



このカメラマンの方は本当に澄んだ目をしておられます。
そこからは、先入観や固定観念というものとは無縁な、
まじりけなしの視点と暖かい個性が閃きます。


「ファインダーを覗く目の後ろには、
 番組を目にする沢山の人々の眼を背負い
 もう一方の目では、周囲に起こる状況を把握するため
 働かせるのです。」

というお話しを興味深く伺いました。
澄みきった目でみたものであるからこそ、美しいもの、心動かすものが
まっすぐの光のように多くの人々の心へと届くのだと思います。



ディレクターとは番組を作り上げる監督さんです。
取材活動というものはある意味、取材を受ける人の懐深くに
飛び込んでゆくことです。


ディレクターという仕事は、よい意味で「あつかましく」なければ
相手の心を開き、話の真(まこと)を引き出すことはできないのでしょう。
「あつかましさ」の背後に確実に存在するものは
相手の中へと飛び込んでゆく覚悟、勇気、信念
そして、相手に寄り添うという懐深さなのです。



「仕事」とは「仕」にも「事」にも
≪つかえること≫という意味があります。


真のプロフェッショナルであるお二人からは
自分がつかえていることに対する、誇りと喜びが感じられます。



本当に・・改めて思いますが
内容は違えど、仕事と呼ばれるものは全て同じ。
共通するものがあるのです。



お二人から、大いに刺激をもらい
湧き上るインスピレーションに心身を任せたひと時。
それは一つの浄化であったかもしれません。



chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月05日

たいさんぼく

栄町通り沿いに植えられている
泰山木 (たいさんぼく)の花が咲き始めました。


IMG_1408.jpg


花が上を向いて咲きますし、背が高くないと開花しないそうですから
ビルの二階にあるスタジオの窓からは、日に日に咲いていく花を
絶好のロケーションでみることができるのです。


IMG_1407.jpg


6月に入った途端に、白い大きな花がどんどん咲いてきていたので
調べてみると、開花時期は6月〜7月初め。梅雨時の花なのですね。


花を開かせる絶好のタイミングを自分でわかっています。
そして純粋に、枝を伸ばし、葉を茂らせ、花を咲きほこらせることに
全てのエネルギーを使います。



植物たちは、たとえ都会のど真ん中で人間の営みの中に存在しながらも
自らが根をはる地球や自然のリズムの中に身をおいています。


私自身もこのように在りたいと思っています。


chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月23日

研修でのひとこま

ゴールデンウィークも今は昔となって・・
新緑の鮮やかな季節に突入しました猫るんるん
スタジオの窓から見える街路樹も日に日に背が高く、
急速に成長していることが感じられますリゾート


さて、先日はカンファレンスで各自学んだ事を
皆でシェアするスタッフ研修。。


KIMG0239.JPG


シェアする動作を通じ、より機能的な動きにむけて、
どの切り口から伝えアプローチするのか
発信して、観察し、探究して、納得することのできる
とても有意義なひとときです。


chono



☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記