2016年08月27日

シンプルだからこそ

9月4日開催のイベント情報はこちらから



昨年のアクアセラピーシンポジウムでお会いした
AEAナショナルトレーナー青木美樹先生による
ポケットストレッチタオルを使った講習会を行いました。
スタジオを見学に来てくださった時に
セッションルームの雰囲気を気に入ってくださり
養成コースの開催に使っていただきました。


IMG_20160821_180532.jpg



伸縮性のある生地で、手を入れることができます。
ピラティスメンターであるキャシー・コリー先生
素材は違いますが、手や足を入れることのできる
幅広の布を考案され、使っておられたのが思い出されます。

IMG_20160821_150854.jpg



参加者の方の傍らで受講させていただきました。
タオルを手や足に入れて使うことで
クローズドキネティックな動作になり肩甲骨、
股関節が安定しやすくなります。
やわらかい素材ですから、丸めたりつかんだりがとてもやりやすい。
さらにポケットに手を入れることで、指先が不自由な方でも
安心して使えます。



障害を持つ方や、高齢者の方々への運動指導をされている
青木先生の配慮と心遣いがこのタオルの開発にみてとれます。


基本となるエクササイズのルーティンは肩甲骨周辺の動きから
股関節の動きへ、最終的に股関節〜脊柱の連動となっています。



シンプルでありながら、必要な運動が詰まっていて
ニーズがあれば応用して動作の仕方をひろげることもできる。
だからどのような方にも対応できるのです。
ピラティスエクササイズと通じるものがありました。



そういえばピラティス氏も
メソッドがシンプルで自然であるほど、結果はよくなる。
と伝えています。


全ての人にとって必要な、より良き動きを考えられている
青木先生とキャシー先生。
どこか同じ空気感をまとわれているように思います。

chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176640865

この記事へのトラックバック