2015年05月22日

スタッフ研修にて

先日のスタッフ研修でのひとこま。。。

KIMG0312.JPG


12月におこしいただいたロルファー平田継夫さんを
再びお招きしての勉強会です。


前回の研修は、触れることを通じて、筋肉の全体的形状と質を探り
よりよき形、在り方へと導いてゆくことがテーマでした。


今回は形状、質を通じて、生命力の高まり、
生命気が組織へ浸透、充実しているか?
という所まで、感受性を高めてゆくことを目的としました。


筋肉の形状と質を触診すると、気が充実している場所は
柔らかく、ふんわりした中に、輪郭がハッキリし
内側で静かに躍動するような印象があります。


固い触感、流動する感じがない場所を見つけた時は
ふんわりとして、気が充実していると感じる所に意識をとどめ
それが全体に広がってゆくのを見守り、待つのです。


そうすると、やがて、必要な場所への気が充実し、
あるがままの変化が引き起こされます。


やはり、触れている側の在り方が大切なのです。


必要な場所を柔和に見守り、私と相手が存在し、
取り巻いている空間にも意識をひろげてゆくと・・


指先に力が集中せず、「指紋で触れている」ような
軽いタッチにも関らず、皮膚を越え、筋膜よりさらに奥、
神経や血管、骨などという深い部分へ「招かれる」ように
指先が入ってゆくのです。


これは相手との深い対話です。


施術する側に「何をしたいか」という明確な思いがあり
相手の一部分だけではなく、周囲の景色や、他の部位など含め
おおらかに、見渡すゆとりをもつことで
相手がより一層、ふところへと招いてくれるのです。


このことは身体にかかわる事や、施術のテクニックの話だけに
留まらないように思います。


施術においても、人と人との対話やコミュニケーションにおいても
おおらかで、自分と相手が存在する世界を
愛し、楽しみ、慈しむ、ゆとりのある自分でいたいものです。


chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/133242570

この記事へのトラックバック