2015年01月18日

年月

「年月」とはどういうものなのでしょう。

ふと立ち止まり、そっと振り返ってみた時に実感する、
歩んできた道のりの長さなのだろうと思います。


おそらくは。。
日々の生活の中で、常に意識されるものではないのです。
だからこそ、振り返って目の当たりにした道のりの長さに
時折、驚いてしまうこともあろうかと思うのです。


そこには積んできたもの、重ねてきたものがあります。
その中で。。
手にしてきたこと、あるいは手放してきたものが存在します。


それを人は「経験」といいます。


経験とは
「経」に筋道 の意味
「験」に仏道の修行を積んだしるしの意味を持ちます。


日々、体感し、体験すること全てが「経験」として
心身にとっての血となり、肉となって自分を構成してゆくのです。


だからこそ。。
毎日の生活を元気に、きちんとすごさなければ


私達、神戸に住むものたちが
怖い思いをしたあの日から20年たった昨日、
そんなことを思いました。


KIMG0305.JPG

chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112277716

この記事へのトラックバック