2014年11月14日

声を通じて

先週土曜日、毎年恒例「健美操フェスタ」の運営スタッフとして
一日仕事をしてきました猫

健美操は全身の経絡を、様々な動きによって活性化して
呼吸、精神、身体の3つの調和で、全身の血液の流れを良くし
自然治癒力を高めてゆく体操です。


健美操の指導に携わり、もう10年以上になり、現在も続けていますが
フェスタのお手伝いとして、ここ数年は
司会進行として仕事をさせていただいています。
音響スタッフの黒澤さんと大城さんと
私を含めたこの三人が音響ブースに陣取ります。。

KIMG0263.JPG


言葉を交わさずとも、お互いにプログラムの進行の間合いを図りつつ
心を合わせて仕事ができる心強いお二人です。


指導員デモンストレーション用の衣装の関西支部長と。
進行上、ハプニング、予定変更は必須ですが
即座の判断を仰げる頼れる方です。


KIMG0262.JPG


毎年関る運営スタッフの業務は、年単位での自分の変化というものに
向かい合うチャンスです。

私達は日々変化を重ね、生きています。
「フェスタの司会」という一年に一回しかしない事だからこそ、
さらには「声」という、今の自分をそのまま語るものだからこそ
一年間、重ねてきた変化というものを目の当たりにするのです。

なんだか、去年よりも。。。
気負わず、自然体で、その時々の物事に対してオープンであり、
流れに沿うこと。
自分から聞こえた声を通じて、
ほんの少し、そんな風になれてきた。。。ようにも思います。

丸一日、集中力の必要な一日ですが
いつもとは違う形で自分とむかいあえたことは
何よりのプレゼントでした。


chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105594098

この記事へのトラックバック