2016年11月11日

本質を伝えるということ

11月14日(月)〜18日(金)は臨時休業となります。

ご不便をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い致します。


気が付けば、早や、11月も中盤です。
年末まであと一か月半ではありますが・・
今年は皆さんどんな1年でしたか??

今年は、生活や職場、周囲の環境の大きな変化を体験されている人が
沢山おられることを、生徒様とお話しをしていてとても感じます。


私、chonoのホームタウン、新長田のシンボル
等身大の鉄人28号、コバルトブルーの塗装に一新。
以前より、重厚感がでました。

IMG_20161104_083700.jpg

鉄人までもが、変化の年なのですね(笑)


私自身も20年近く務めてきた外部指導先を
8月いっぱいで、「卒業」させていただくこととなりました。
フリーランスで運動指導をしていた頃は10か所近くの現場で
レッスンを担当していましたが、スタジオでのセッションが
増えても、最後までお世話になった二か所の現場でした。

月曜日と木曜日に出かけていた外部指導先ですが
長年慣れ親しんだスケジュールが変わり、しばらくは何とも不思議な・・
その指導先に出かけてゆかなくてよいことが、
何とも物足らない感じもありましたが、
11月に入ってようやく新しい一週間のリズムが
心身になじんできました。


スタジオでセッションしながらも、ずっとお世話になった場所。
随分たくさんの学びを与えてくれた場所です。
身体の面から物事を伝える仕事は続けてゆくわけですので、
私にとっては、その現場を「辞める」というよりは、
「卒業」という言葉がぴったりはまります。


最後のクラスの日には、沢山の参加者の方から
お手紙をいただきました。

「クラスに参加して、身体の使い方を生活の中でも意識するようになりました」
「身体を動かすということは、健康になるだけではない何かがあるのですね」
「自分が健康になって、周囲の人にも元気を分けたいと思います」

なんと嬉しいことでしょうか・・・・
運動することが、ただ身体を動かすことにとどまらず
日々をどう在りたいのか?どう生きるのか?ということに
繋げて下さっているのです。


一つの物事から、様々な角度で物事を考えて、感じて、
それを自分のものにしてゆくことのできる人は
とても思考力が高く、理解力にあふれたかしこい人です。
そんな生徒様に恵まれたことは私にとって、大いなる財産です。
だからこそ、学び、成長することができたと思います。


ボディーワーカーとしての今の仕事は、
アクアビクス、エアロビクスのクラスを担当することから始まっています。
伝える内容が変わっても、自分自身が大切にしてきたことは変わっていません。

「本質を学ぶ。そして自分がその本質そのものとなって伝える。
 そして、伝える方に本質になっていただくこと」


毎週合うことがなくなってしまった皆さんが
日々、身体を動かすことを楽しみ、
ハートがいつも喜びを奏でている自分でいられますように・・
いえ、きっときっと、皆さん・・
これからもずっと、そうでありつづけるだろうと思います。


chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記