2015年08月23日

創造のエネルギー

お盆のお休み中、以前から行ってみたかった
横尾忠則現代美術館を訪れました。


KIMG0336.JPG


芸術的な表現は絵画、音楽、舞台などなど
形や手法に関わらず、エネルギー的に見ると
仙骨と喉のエネルギーセンターに関わる
とても洗練された、創造のエネルギーが
物質的に表現されたものです。


いわば作家のエネルギーが、私たちの五感で
触れられる形で表されている
というとわかりやすいでしょうか・・・


作品を見る、聞く、触るなどなど
その作品が放っているものに
私たちの存在が「触れる」ことは
創造的なエネルギーのシャワーを
浴びることそのものです。


展示のテーマは「続・Y字路」


Y字路は、私たちの町中、それも生活道路に
ひっそりとたたずむよくある風景です。
横尾忠則氏が、あるY字路から
とてつもなく強烈な印象を受けたのです。
それが全ての作品から感じられます。


どこか懐かしい原風景的なもの
遊び心にあふれたもの
人智を越えた視点でみたもの
全ての人に潜む、暗い一面を垣間見るもの
絶望、希望、平和、静寂、喜び、悲しみ、安らぎ・・・


ひとつのテーマから、よくこれだけの
感情を表現できるものだと思います。
創造というものは、無限なのです。

ちなみにY字路とはこのような風景。


KIMG0341.JPG


作品の中に、見覚えのある中華料理屋さんがあるY字路が・・


と思っていたら私のホームタウン、長田区の一風景でした。


chono



☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記