2015年05月12日

心の浄化

〜臨時休業のお知らせ〜
5月14日(火)はスタッフ研修のため
臨時休業とさせていただきます。


皆さんゴールデンウィークはいかがおすごしでしたか?

私は生徒さまが出演されている舞台を見に出かけました。


KIMG0312.JPG


ミュージカル「風野又三郎」宮沢賢治原作の舞台です。


宮沢賢治の文章は、彼の表現するファンタジーの世界を
感覚的に読むものだと思っている私ですが、
その世界観が存分に表現されていたように思います。


というのも私は、知らないうちに・・
いつの間にか、又三郎ワールドにどっぷり
入っていたからです。


以前、奄美の画家、田中一村美術館で
とても長い時間をすごしたことがあります。
どこかファンタジックでありながら、
本当に自然の中にいるような
なんともいえない不思議な感覚だったからです。


「緻密とリアルを追求しつづけてゆくと、現実を通り越して幻想と化す」
一村を分析した美術評論家の言葉です。


今回のミュージカルは、
ファンタジーを追求しつづけると、リアルにたどりつく
と実感したような舞台でした。


なぜならば・・
又三郎が北の果てへ去ってしまい、
「又三郎さん、さようなら」の字幕をみたとき…
短い間に、とても仲良くなった人と本当に別れたような
心にぽっかりと穴が空いてしまったような寂しさが、
私の心に押し寄せたからです。


その日は風の強い日でした。
駅までの帰り道、びゅっと吹く風が
街路樹を大きく揺らします。

「あ、又三郎さんが・・・」

何の気なくふと思った自分にびっくり。
ファンタジーが、心の現実となった瞬間です。


素晴らしい舞台を見たあとは、
とても静かで、広々とした気持ちになるものです。
音楽とダンス、舞台演出という
素晴らしいアンサンブルのシャワーを浴びることは心と身体
の浄化だと思います。

chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記