2014年12月25日

年末年始休業のお知らせ

12月26日(金)〜1月4日(日)まで
年末年始休業とさせていただきます。
1月5日(月)より通常営業となります。
よろしくお願い致します。


年末は大寒波が訪れるとの事。
仕事納めが明日の方も、来週半ばまで頑張る方も
皆さん暖かくしてお過ごしください猫


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月24日

触れることを通じて

先週土曜日に、エネルギーワークの研修でご一緒だった
ロルファーの平田継夫さんにお越しいただいて
手技を中心とした研修を開催しました。

暖かで懐深い継夫さんのお人柄で
朝から夕方までの時間があっという間に過ぎました。

KIMG0301.JPG


今回のテーマは股関節、肩関節の触診を元に、
ターゲットにしている場所の筋を緩め、
クライアントにストレスなく関節内のスペースを作り出す
というものです。


触れるという動作を通じて、身体の様々な部分のゆがみ、ねじれ
更には流れが滞っている場所を知る事ができます。
そして身体は触れるという動作を通じて内側で
より良き形へと流動的な変化を起こします。


そんな身体の内側からの変化は
とても微細で繊細で且つ、本当にダイナミックなものです。

このように身体に触れ、感じることで、私達が気づく事は
身体が本来持つダイナミックさ、
智慧、奥深さ、ということに留まりません。
触れている側の在り方が大切なのです。


問題のある場所なと思う場所に意識をおきすぎると
変化を止めることになります。
だからといって沢山の箇所に意識が散漫になりすぎると
さらなる変化のために必要なことを見過ごしてしまうことにもなります。


大切な事は。。。


変化が必要な場所に心をとめながらも、変化を追い求めず
必要ならばいつでも手を差し伸べられるような在り方。
身体が自ら変わろうとする力に、心を寄り添わせながらも、
一歩引いた眼(意識)で変化を見届けてゆくことなのです。


これは触診ということを越え
私達ピラティストレーナーに必要な在り方そのものです。


触れる動作、手の感受性を高めることを通じて
人と人との間合い、関係性、距離感と
自分の在りようというものに気づきと発見を深めた
大いなるひとときでした。

chono


☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama
posted by sorama at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月18日

消灯式

先日ルミナリエ消灯式へ行ってきました。
今年は震災から20年ということでLEDではなく
初期のころの色合いを求め白熱球が使われたとの事。

KIMG0294.JPG

KIMG0291.JPG

例年より少しオレンジ色っぽい感じがします。
(写真ではブルーが強いですが・・・)

消灯式には去年よりも大勢の人が集まっていました。

KIMG0297.JPG

流れてくるナレーションを聞いていると震災当時に思いが・・・
今、クリスマスイルミネーションやルミナリエで輝く神戸の街並みを見れている事の有難さを感じました。

スタジオでは募金を募らせていただいておりました。
今年もありがとうございました!!!!!!!
皆様の御厚意、大切に持参させていただきました。

KIMG0292.JPG

kana

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama




posted by sorama at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月09日

今年も★

先週からルミナリエが始まり、元町界隈はすっかりクリスマスモードですぴかぴか(新しい)
そんな中、今年も・・・
Essence de fleursさんよりクリスマスリースが届きましたクリスマス

IMG_1589.jpg

天然のモミやユーカリがたっぷりのリースやスワッグ、今年もとっても素敵です。

スタジオ内は自然な良い香りに包まれていますグッド(上向き矢印)

IMG_1588.jpg

IMG_1586.jpg

25日までスタジオ内にて展示販売しております。
お近くにお越しの方もぜひお立ち寄りください。

kana

☆マシンを使った本格的ピラティスプライベートセッション☆

 神戸・元町のピラティス・スタジオsorama

posted by sorama at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記